徳斉帛紗 真 無地 北村徳斎製(北村徳斉製)

【ふくさ】
【使い帛紗】真

【仕立て方は、三方縫いで縫い目のない折りめの一辺をわさといいます。】
【帛紗には、「使い帛紗」と「出し帛紗」があります。】
帛紗の色【男性:紫色 & 女性:朱色 & 年配者:黄色】

徳斉帛紗 真帛紗

徳斉(北村徳斉)はわが国唯一の茶道帛紗専門店です。
絹100%、高級塩瀬生地(羽二重)を使用して、手縫いで仕立てております。

(今日庵お家元御好帛紗類専任発売元)
サイズ 約縦27×横28.5cm角

siose_1.jpg
  • 利休が小田原出陣の折、妻の宗恩が棗を包んで送った帛紗の寸法を一定とした。
  • 帛紗は利休の弟子塩瀬宗味の工夫により用いられた。
  • 帛紗さばきは茶器を拭き清めるために折りたたむ所作を云い、器の扱いにより、真行草のさばき方があります。
size.jpg
4色から選べます。
red.jpg
syu.jpg
pur.jpg
sabi.jpg
さび朱
・・・・<参考資料>・・・・
●【表千家流】帛紗のたたみ方
一、縫い目のない「わさ」を左にして、人差し指と親指で帛紗の上の両角を持って広げます。
二、左右の手を合わせるようにして、手前に二つ折り(折り目が向うになる)にします。
●【裏千家流】帛紗のたたみ方
一、縫い目のない「わさ」を右にして、人差し指と親指で帛紗の上の両角を持って広げます。
二、左右の手を合わせるようにして、向こうに二つ折り(折り目が手前になる)にします。
●【武者小路千家流】官休庵:帛紗のたたみ方
一、縫い目のない「わさ」を右にして、人差し指と親指で帛紗の上の両角を持って広げます。
二、左右の手を合わせるようにして、向こうに二つ折りにします。
・・・・・
【帛紗又は、出帛紗の作り方】
●裂地を表中にして、縦27.4cm 横28.5cm×2(57cm)で寸法を測り、型紙をきる。
●横巾を「わ」にして、二つおりとします。
●縫い代を考えて、全体は上の実寸より大きく裂をとって下さい。
 徳斉帛紗 真 無地 北村徳斎製(北村徳斉製)

送料無料使い帛紗:塩瀬帛紗※帛紗専門店

SKU:tokusaihukusasinn

配送〇代金引換・カード決済の場合
●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●
午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可)
サイズ約縦27×横28.5cm
素材正絹(絹100%)
備考約重:30g
化粧箱
メーカー北村徳斉
注意商品画像と実物の色合いが若干異なっている場合がございます。
  (・6048)
【コンビニ受取対応商品】
この商品を購入された方のレビュー 
総合評価4.58

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2016年09月27日

生地もしっかりとしており、お点前しやすいです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2016年03月18日

 袱紗さび朱

オレンジかかった茶色、かき色というような落ち着いた色味です。手触りも、厚みもいいです。 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2016年01月14日

初釜に新しい帛紗を新調しました。薄からず厚からず丁度良い厚さでした。